toggle
2022-07-01

「あったか銀紙」を出展しました。

オリジナル防災アイテム「あったか銀紙」を大分県エネルギー産業企業会(https://oita-energy.jp/)の総会にてブース出展させていただきました。

羽織った人間が出す赤外線(エネルギー)を、あったか銀紙(防寒シート)を反射することで着用する服が少し温かくなるブランケットにもシートにも使えるアイテムを、大規模なエネルギーに関する商品やサービスを展示される企業と並べて展示させてもらいました。

2016年にあったか銀紙を発表してからコツコツと営業活動をした結果、全国の東急ハンズ・九州沖縄道の駅などで取り扱っていただき、ブースには商品を知ってくれている方も来てくださって、とても嬉しかったです。

当社では、防災の意識を高め、あったか銀紙を全国の小学生のランドセルに一枚ずつ入れてもらうことで、災害や有事の際に寒さや雨に備えて安心して過ごせることを目指しています。子供を持つ親やその家族も、災害に対して備えることの必要性や心構えも伝え、安心して過ごせる地域にしたいです。
現在も商品の販路開拓の活動をしておりますので、皆さんがどこかで「あったか銀紙」を目にした際には、手に取ってご覧いただければ幸いです。

あったか銀紙のHPはこちらhttps://tkymkappan.base.shop/items/30875237

関連記事