toggle
2021-10-20

日常の風景より 針金留め

日常の風景より、伝票の針金留めについてご紹介します。

前回ナンバリングで紹介した、1セットにした伝票を必要数束ねて1冊にしたら、断裁・糊付けした後、ミシン目が入っている物は針金で留めていきます。ミシンしろ(糊面側の空白部分)を針金で留めることで、伝票自体の補強と、紙をミシンで切り取りやすくできます。基本は2ヶ所ですが、伝票のサイズによっては1ヶ所、3ヶ所の場合もあります。

写真は感圧紙であるニューマイクロペーパー(ピンク)を使った伝票。青発色なので紙が揃った断裁面は紫色に見えます。

関連記事