toggle
2021-09-01

会社の風景より

高山活版社の日常の風景より、色作りについてお届けします。

練られて混ざり合った紫のインキ。紙に伸ばして発色を確かめ、濃淡はインキの量、または網点で調整します。

ヘラを置いた跡がちょっとドイツの形に見えたり、インキ缶の蓋に溜めたインキのマーブル模様にちょっとスプラトゥーンを想像したり。
思わず「おっ」ってなってしまうものが工場の中には落ちています。

関連記事