toggle
2020-08-15

東京ミッドタウン・デザインハブ第86回企画展『日本のグラフィックデザイン2020』について

昨年グラフィックデザイナーの小林一毅さんと高山活版社で制作した『PLAYFUL』シリーズの中から、
・活版印刷+オフセット印刷 ポストカード
・オフセット印刷 角2封筒
・オフセット印刷 名刺ケース
を『日本のグラフィックデザイン2020』にて展示して頂きました

このような時期ではありますが展示会は8月31日までとなっておりますので、もしお近くに行かれる機会がありましたらぜひ足を運んでいただくことができますと嬉しいです!

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。
2020年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物とモニタで展示します。
身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

会期:2020年7月10日(金)~8月31日(月)11:00‒19:00
(※今後の状況によって、会期・開場時間等を変更する場合もあります)
会期中無休・入場無料
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

#PLAYFUL#小林一毅#ikkikobayashi#JAGDA#graphicdesigninjapan#高山活版社#大分#印刷会社#オフセット印刷#特色印刷#活版印刷#印刷技能士1級

関連記事